利用シーンとその価値

リング

日常使いではない

婚約指輪は婚約したカップルの男性から女性に贈られる指輪で、結納品のひとつとされています。値段は結婚指輪の購入額に比べると高額とされており、相場は30万円ほどです。もちろん値段が全てではないので相場にこだわる必要はありませんが、世間の認識として婚約指輪というものはそのくらいの値段で購入されるものと考えられています。人にもよりますが、婚約指輪は日常使いするものとはされていません。シンプルな結婚指輪に対して婚約指輪はダイヤモンドをセッティングするのが一般的でデザイン性があるのが特徴です。そのため日常的に身に着けて家事、育児、仕事をするのは難しいのが現状でしょう。そこで多くの方は週末のお出かけ、結婚式、パーティー、記念日などのシーンでオシャレとして婚約指輪を使用することが多いようです。そのため値段にもこだわりたいという女性が少なくはありません。婚約指輪はプラチナなどのリングの素材そのものにも価値はありますが、基本的にはダイヤモンドの影響が大きくなっています。ダイヤモンドには4Cという国際基準があり、カット、カラー、カラット、クラリティによって質が評価されます。透明度が高く美しく輝く大きなダイヤモンドほど高価になるでしょう。4Cの基準を理解しておくことも大切ですが、素人では判断しにくい質の良いダイヤモンドを選ぶときにはブランドも重要です。ダイヤモンドの取り扱いに定評のあるブランドなら高品質なダイヤモンドを選ぶことができます。

Copyright© 2018 婚約指輪はオーダーメイドが人気【結婚指輪はこだわりたい】 All Rights Reserved.